在庫管理システムはバーコードシステムと連動

コンピュータ、ネットワークの時代になって情報はネットワークで運ばれるようになりました。文字情報、音声情報、画像、動画などは媒体を介さずにネットワークから送ることができます。しかしものをネットワークに乗せて持っていくことはできません。物の管理をするときにはどうしても人が行う必要があり、人が入れば入る分ミスが発生しやすくなります。そこで在庫管理システムにバーコードシステムを連動させます。製品などにバーコードを取り付け、それを読み取らせることで現在の状況を把握します。ものそのものはネットワークに乗せられませんが、物の情報をコンピュータ上に載せることができます。今どこにあるのか、この工程にあるのかなどがわかります。人はバーコードを読み取らせる作業だけなのでミスは少ないです。細かい商品コードなどを入力する手間は不要です。

在庫管理システムを入れて作業を簡素化する

仕事の中には複雑なマニュアルがあってそれを覚えないとできないものがあります。ある程度経験を積まないといけない場合があり、もともと行っていた人が退職などをするときには困ることもあります。頻繁にあると引継ぎも大変になるでしょう。在庫を管理する業務はそれぞれの会社で存在します。その時にたくさんのマニュアルに従って行うとなると困ることもあります。そこで在庫管理システムの導入を検討します。期待するのは作業の簡素化です。入力作業や登録作業などをシステムに合わせるようにします。いくらになったら発注するなど勘と経験で行っていたこともあるでしょうが、システム化することによって経験などではなく数字が発注するポイントを知らせてくれます。昨日入ってきたばかりの人でもそれを見て発注作業をすることができます。人の入れ替わりがあっても問題は生じなくなります。

在庫管理システムを導入してコスト削減をする

企業が常に行わないといけないこととしてコスト削減があります。売り上げ増、利益増は必ずしもコストを下げなくても行えます。しかし売り上げが上がらないときにいきなり利益を上げようとコストを下げるのは難しいです。日ごろから削減できる努力が必要になります。在庫管理システムを導入してコスト削減を図る場合があります。システム構築にはコストがかかり、さらに運営のためのコストがかかることもあります。それらの発生するコストを押しのけてもよりコストが削減できるなら採用してみる価値はあるでしょう。どのようなコストが削減できるかですが、在庫切れ、過剰在庫をなくせます。在庫切れは販売チャンスを失いますが、それがなくなります。過剰在庫は将来販売できなければその分が費用になります。売れ筋や死筋などを管理することで販売戦略に役立てられれば売り上げアップにつなげられます。

NEW エントリー

記事はありませんでした

PAGE TOP ↑