在庫管理システムで人員を減らすことができる

人海戦術はとにかく多くの人を使って仕事をすることです。営業職であったり工場での仕事などでは必ず人が必要なところがあります。その場合は必要なところに人を充当することによって業務を行っていきます。その中にはコンピュータや機械などに置き換えられる部分もあります。在庫管理システムを導入することで人員を減らせる場合があります。たくさんの在庫を倉庫で管理する場合、それらを運搬したり管理したりするのが人のことがあります。頻繁にものを取りに行くときにはその分人が必要になる場合があります。システムを導入することで作業を効率化できる場合があります。それによってそれまで数人で行っていたことを一人で行えるようになるかもしれません。人を減らせればその分人件費が減るので大きくコストを下げることができます。品質は下げずに人件費だけを削減することができます。

在庫管理システムで従業員の残業を減らす

日本では仕事が多くなったときにはまず残業で対応します。人を補充するとその人たちを雇用し続ける必要があります。業務が少なくなったときに過剰になってもその人たちを解雇することはできません。外国などのレイオフなどがなじまない経営風土があります。しかし従業員の残業は従業員を管理するときにはあまり多すぎないようにしなければいけません。在庫管理などでも業務が多くなると残業が増えることがありました。在庫管理システムを導入することで残業を減らせる場合があります。業務が多いときは在庫の対象となるものの出入りが激しくなります。入れたり出したりの度のチェックなどをするために仕事が増えます。またそれが終業時間近くまであるので残業につながりやすいです。システムを入れることで出入りの管理を行うことで、人が残業しなくてもよくなる場合があります。

在庫管理システムはイレギュラーな対応がしやすい

人が行う作業と機械が行う作業では人が行う方が柔軟な場合があります。機械の場合は事前に一定の設定をしたらそれ以外のことは行えません。人なら一つ一つ考えながら作業ができる場合があります。機械がストップすると作業がストップするようなことがありました。しかし最近の機械はコンピュータに連動するようになっています。そのために柔軟性が高くなり、場合によっては人間が行うよりもイレギュラーな状態に対応できる場合がります。在庫管理システムもイレギュラーな場合に使いやすい場合があります。急に大量の発注を受ける場合であったり、新たな発注がある場合、一時的なイベントに対応する場合などがあります。人が行うときはそのための準備をしなければいけませんが、システムであればプログラムや設定をしておくことで稼働することができます。微妙な調整なども行えます。

NEW エントリー

記事はありませんでした

PAGE TOP ↑