在庫管理システムでリアルタイムの在庫の管理

営業が客先から発注を受けるとき在庫の状況を確認します。ある会社では前日の在庫量が朝に示されるだけでその時に在庫があれば注文を受ける場合がありました。しかしその日に別の発注がありすでに在庫切れになっていることがあります。すると納期に影響することがあります。在庫管理システムを導入するとリアルタイムの在庫管理、在庫情報の利用ができます。一つの倉庫のみの管理を行うこともあれば全国の倉庫の管理を一つのシステムで行うこともあります。ある倉庫にはなくても別の倉庫にあることがわかればそこから発送してもらえます。納期が遅れることが少なくなり客先からの信用も得やすくなります。客先はものがあることも大事ですが、必要なときに届けてもらえるかどうかも重視してきます。一つのミスが取引停止につながることもありますが、システムによってリアルタイムの状況がわかるのでそれも減ります。

在庫管理システムを入れて人の割り当てを行う

大手のネット通販会社は大きな倉庫に多くの商品を置いているようです。そして発注があるとそこにいる社員が必要なものを取ってきて発送します。ネット通販と言えばIT企業ですが、すべてが機械化されているわけではありません。人も多くかかわっています。在庫管理はものの管理なので人がかかわることもあります。在庫管理システムを使うことでものと人とをうまく調節できる場合があります。発注が多いところには多くの人が必要になります。その時にあまり人が必要でないところから割り当てしてもらうことができます。システムの方で取扱量と人員とのバランスが取れるように計算がされ、一定のものの動きがあるときに人が移動するように指示が出されます。これによって忙しいところに人が多く配置されるようになって滞りが少なくなります。忙しい従業員と暇な従業員の差もなくなります。

在庫管理システムで複数倉庫の在庫の管理

会社には本社、支社があります。商品を販売したり製造したりするときは工場や倉庫を用意する場合があります。一か所に集中する方法もありますが、最近はリスクを分散する目的から日本各地や世界各地に拠点を持つことがあります。しかしそれぞれの状況の把握が難しくなります。在庫管理システムを導入することで各地の在庫を一括で管理することができます。ネットワークやインターネットを利用してそれぞれの倉庫の情報を収集し本社で管理をします。さらにそのデータを各工場や支店に返すことができます。日本全国にある工場だけでなく海外の工場などの状況もわかる場合があります。会社によっては提携している会社などがあり、それらの在庫も一緒に管理をすることで在庫切れをなくす仕組みを作る場合があります。中小の会社でも大手の仕組みに入れば、管理もしやすくなります。

NEW エントリー

記事はありませんでした

PAGE TOP ↑