在庫管理システムで優先順位を管理する

それぞれの会社では売り上げに占める割合の高い商品、製品があるでしょう。花型商品と言われる商品です。一方でこれから売り出そうとする商品、かつて花形だった商品などがあります。多くの商品をラインアップにそろえているかもしれません。この時にすべて同じように管理をするかがあります。在庫管理システムを導入するとき、せっかくなのですべて一緒に行おうとすることがあります。しかしものが多かったりするとうまく管理ができない場合があります。それによって管理がしにくくなることがあります。そこで優先順位を決めて、売り上げに占める割合の高い商品を中心に管理をすることがあります。花形に該当商品のみなどです。またかつての商品などは管理外にすることもあります。あまりにたくさん品種があるときは、無駄なものを入れるとそれが足かせになることがあります。

在庫管理システムで安全在庫を管理

せっかくお客さんが欲しいと言ってくれているのにその場に商品がないと販売することができません。機会損失と表現することがあります。表向きは損失は発生していませんが、得られたはずの利益が失われたとして、管理上は損失に計上することもあります。在庫管理システムによって安全在庫の管理をすることがあります。安全在庫は余裕分のことです。日常的に販売や製造などをしているときには必要ないけども、ちょっとした需要の変動によって必要になるかもしれない在庫になります。企業にとっては在庫は少なければ少ないほど経営を圧迫しません。しかし少なすぎれば機会損失を発生させることがあります。そのために安全在庫を保有します。その数量をいくらにするかをシステムに判断してもらいます。季節性があるときにはそれらの情報なども加味して算定できるようにします。

在庫管理システムで回転期間を把握

飲食店などの経営効率を見るときに回転率を使うことがあります。どれくらいのお客さんが1日に回転するかで、一人当たりの単価なども加えて考えていきます。利益率が低くても回転が多ければ利益は増えます。回転が少なくても利益率が高ければ利益が増えます。在庫管理システムで在庫の回転期間を把握することがあります。仕入れをしてから納品までどれくらいかかるかを見ます。やはり利益率が高いなら滞留期間が長くても問題ありません。しかし低いときは社内に残っているほどどんどん利益を減らしてしまいます。それぞれの在庫の回転期間を計算して、一定期間以上、利益が出せていないなどの商品は早めに処分したりします。持っていてもスペースを取る分コスト増になることがあります。在庫回転が悪くなっている場合にその原因の調査をすることもあります。

NEW エントリー

記事はありませんでした

PAGE TOP ↑